インディーズのアイドルからデリヘルに転身した女性の体験談

私は高校時代からインディーズのアイドルのお仕事をしていました。デリヘルのお仕事は、そのため&その流れでするようになりました。

 

 

■アイドルになるには、とにかくお金が必要と知る

私はメジャーのアイドルの方々ほど大きな事務所に入ってはいませんでした。しかし、一応地元の企業のCMなどにいくつか出演させていただいていて、プロのアイドルの端くれではありました。

 

そうなると、クライアントさんにより喜んでいただくためにも、自分磨きがたくさん必要になります。もちろん、自分がキレイになりたいとか、有名になってチヤホヤされたいという自己顕示欲も当然ありましたが、それも含めて、とにかく綺麗になりたいと思っていました。

 

女性と付き合ったことがある男性はわかると思いますが、女性の美容やアンチエイジングには本当にお金がかかります。普通の女性でもそうなのに、それが美を売りにするアイドルという仕事だと、とんでもない金額が必要になることは想像していただけるかと思います。

 

なので、実は有名なアイドルの方々も含めて、この業界の女の子はみんな、何かしらの形で風俗のお仕事をしています。相手が大企業の社長限定だったり、あるいは一晩数十万出してくれれば誰でもなど、程度の違いはありますが、何らかの形で、そういうお仕事はしているのです。それが現実なんですね。

 

私もその現実にしたがって、高級デリヘルのお仕事を自然とするようになっていました。

 

■芸能界へのあこがれは、幻想だったことに気がつく

そうしてデリヘルのお仕事をしているうちに、自分の芸能界へのあこがれはただの幻想だったことに気づきました。というのは、アイドルはずっとこういう仕事を繰り返すのだということに気づいたからです。

 

有名になるための投資としても、こうしてお金を稼ぐためにデリヘルのお仕事をする必要があるし、有名になったあとも、いわゆる「枕営業」をしないといけないことに気づいたのです。

 

一体いつまでこんなことをするんだろう?と疑問に思うようになりました。よほどそういう覚悟のある女性か、あるいは才能で世間に認めてもらえるような人でなければ、いつまで経っても同じことの繰り返しだ、と思うようになりました。

 

そして同時に、デリヘルのお仕事が予想外に楽しかったので、そっちにはまっていったということもありました。

 

■紳士なお金持ち男性とたくさん出会う

私の場合は幸運にもいわゆる高級デリヘルで働かせていただけました。なので、お客さんは紳士的でお金のある男性ばかりでした。(高級デリヘルの中でも、最高級レベルだったので。同じお店に、皆さんもよく知っているような売り出し中のグラドルの方もいました)

 

私はそれまで、何というか「雰囲気のある男性」というのに会ったことがありませんでした。「話が面白い」とか「お金がある」という人には何度かあったことがあるのですが、「いるだけで、明らかに雰囲気が違う」という男性には会ったことがありませんでした。

 

でも、私のお店は最高峰のデリヘル店ということもあり、そういう男性がかなり来ていたんですね。一代で事業を大きくした方とか、いかにも銀座の高級クラブの常連になっていそうなイメージの方々です。

 

私はもともとファザコンの気があったのかも知れませんが、そういう男性にどんどんひかれるようになっていきました。あちらもそれがわかっていて、私がただの仕事としてサービスしているのでないことがわかり、どんどん指名してくれるようになりました。(外で愛人として付き合うというお話も何度かいただいたんですが、私は正直、私より有名なアイドルの方もいるそのお店でトップレベルになれるのが嬉しかったので、あくまでデリヘル嬢として指名していただく、という形を選びました)

 

そうして高級店の中でも特に稼げるデリヘル嬢となり、私は公務員の方の一生分くらいの資産を、20代だけで築いていました。

今は幸せすぎて退屈なくらいです(もちろん楽しいですが、何か次の生きがいを探したいと思っています)。

 

私はアイドルということで劇的に稼げましたが、普通の女性の容姿でもデリヘルは十分稼げます。お金を稼ぐのが正しいとは思いませんが、「自分が知らない世界がある」ということを知っていただくのはいいことかな、と思います。

一覧へ戻る

全て女性求人担当が対応いたします。
ご不明点やご相談は、
今すぐお問い合わせください。

リアル4Cニュース一覧へ
ホーム

SNS限定情報を最速で配信中

トップへ戻る