中条流 / ちゅうじょうりゅう

  • 元々は豊臣秀吉の臣、中条帯刀を祖とする産婦人科の一流派であったが、いつの間にか堕胎専門医を意味するようになった。
    堕胎と言っても、現在の医学で行われている方法とはかけ離れ、そのほとんどが、強引に流産、死産をさせる方法で、母体の健康をも害してしまう荒っぽい治療であった。仕事柄、三十過ぎの女性が多く、取上婆として助産の経験のある者もいたが、大部分がインチキ医者だった。
一覧へ戻る
トップへ戻る

全て女性求人担当が対応いたします。
ご不明点やご相談は、
今すぐお問い合わせください。