妊娠線 / にんしんせん

  • 妊娠して急激にお腹が大きくなると皮膚の伸びがついていけず、下腹部・乳房・大腿部・尻などに縦にひび割れたような線がいくつも出てくるのを言う。初めて出る赤いみみずばれのものを新妊娠線と呼び、産後は白く薄くなり旧妊娠線と呼ぶ。
    一度できたものは消える事は無く、子供を産んだ証拠にもなる。
一覧へ戻る
トップへ戻る

全て女性求人担当が対応いたします。
ご不明点やご相談は、
今すぐお問い合わせください。