風俗で働こうと思ったきっかけは、○○したかったから…

2020/06/01 4Cグループ by.長瀬りえ

 

こんにちは^^長瀬りえです。

緊急事態宣言が解除されていかがお過ごしでしょうか。

長い自粛生活で気疲れしてしまいますよね。当グループでもお子さんがいて、なかなか出勤出来ないと言う声が多く、この先の生活に不安を抱えてる方が多くいらっしゃいました。早く落ち着き普通の生活に戻れるといいですよね!

 

 

さて、今回は在籍している女性がなぜ、「風俗で働こう」と思ったのかを聞いてみましたのでご紹介させて頂きますね。きっと、共感出来る部分がある方もいるのではないでしょうか。

 

風俗で働き始めたきっかけ

当グループに入店して3ヶ月目(5/29現在)のAさん(31歳)。

一番最初に風俗を始めたのは、ちょうと1年半の事。その当時は旦那さんの仕事の関係で地方に住んでいたのですが、きかっけは離婚費用をためる為でした。子供が3人いるのですが、その頃の旦那さんは、仕事ばかりで家庭をかえりみず、ワンオペ育児なのがとてもストレスで…もう離婚しかないなと思っていたんです。

 

短期間で稼げる。

昼間しか働けない。

 

と言う状況で思いついたのが「風俗」でした。

 

ネットで検索してシフトに自由がきく「デリバリーヘルス」を選び、働く事に決めました。

働き始めて半年位経った時、旦那さんが家事や育児を手伝ってくれる様になり変わってきたので、離婚する事はもう辞めようと思ったのですが、その頃には「風俗での仕事の楽しさ」に気づいてしまったんです。最初はそんな風に思うなんて思ってもみなかったので自分でもビックリしています(笑)

 

写メ日記という営業ツールの面白さ

 

努力したらしただけ自分に返ってくるし、自分と言うブランドを売り出せる。

 

一旦やる気がなくなった時期もあったけれど、どうせやるならやれる所までやろう!と心に決めました。まずは、ミスヘブンに選ばれる様に目標を立て、ランキングに入っている子をターゲットに絞り目標にしました。そして、文章や写真を工夫し、頑張った結果…その目標にしていた子を抜く事が出来たんです!!

 

写メ日記の中身はどんな風に工夫したかと言うと…

同じ風俗で働く女の子が書いていなさそうな事を書いたり、写真はエッチなのを載せるけど、中まで開いてくれた人は本文をみてギャップがある。自分の人間性を知ってもらえる様な内容を意識して書いていました。

 

そして頑張った結果、ミスヘブンにも選ばれて6位に入賞する事が出来たんです!

 

その後、旦那さんの転勤が決まり、横浜に引っ越す事が決まったのでここのグループに面接に伺ったのですが、思っていた通りのお店だったのでそのまま入店を決めました。未だに辞めない理由は、色々なお客様がいて楽しいし、この仕事をまだ追及したい気持ちが強いんです。自分の成長にも繋がると思ってます。と仰っていました。

 

前向きな彼女と話していると、こちらまで頑張ろうって気持ちになれますよね!とても素敵な女性だなと思いながら聞いていました。

 

みんなが気になるこんな事

そんなAさんに働くにあたって気になる事を何個か聞いてみたので参考にしてみて下さいね!

 

横浜のお客様はどんな人が多いイメージですか?

 

横浜の方が明るいし、遊びなれてる人、自分の遊び方を決めている人が多いイメージ。逆に地方の人は、気持ちが入ってしまったり重くなる人が多いと感じているそうです。

 

嫌なお客様についた時はどんな対処法をしていますか?

 

逆に本来の自分を出して、ダメな所をはっきり言ってあげる。例えば汚い人とかいたら、我慢せずに言っちゃいます。

 

稼いだお金の貯金方法は?

 

実は地方に住んでいた時、結構出勤していたので1年間で約500万円貯金したんです。その方法は、1日の稼いだ金額の7割を貯金して、残りの3割は(昼職の給料位という感覚)はお財布に入れておいて週末にどうするか考えています。そして、ちょっと余裕がある時は子供や自分の洋服を買ったりしています。

 

 

編集後記

実際にこうやってお話しを聞いてみると、本当皆さん色々な事情や思いを抱えてこのお仕事をしているんだなと毎回思います。

Aさんの様に離婚したいと思って始める方も多いのですが、風俗という選択肢がない方にとってはお金もないし、このまま我慢するしかないんだなと思っている方もいらっしゃるかと思います。もちろん、無理にはオススメしませんが、今いる状況が辛いのであれば…こういう方法もあるんだなと思い、選択肢の一つとして考えてみて下さい。

 

風俗で働いている方々は「普通の女性」が多いですよ。まずは一人で悩まずお気軽にご相談下さいね!

トップへ戻る

全て女性求人担当が対応いたします。
ご不明点やご相談は、
今すぐお問い合わせください。